積立利率変動型終身保険を選ぶなら

通常の生命保険では契約時の予定利率がそのまま反映される仕組みですが、積立利率変動型終身保険は保険期間中に市場金利が変動した場合に、それに応じて積立利率も変化します。

 
つまり、保険という商品特性に加えて投資的な意味合いも含まれます。

 
注意点は金利に変動がある点です。

 
将来にわたり上がり続けることはなく、景気などの経済状況によってはリスクも生じ、金利が下がるケースもあります。
その点でチェックしておきたいのが解約返戻金と保険金額の保証です。

 
市場金利が変動するタイプでは変額保険がありますが、保険金額は保証されますが、解約返戻金には適用されません。
しかし、積立利率変動型では解約返戻金・保険金額ともに保証があるため、この点で利点があります。

 
また、積立利率変動型で適用される積立利率は毎月あるいは1年の一定の期間ごとに見直され、最低保証の利率を上回る分が保険金額や解約返戻金に反映される仕組みになっており、比較的リスクが低いのも特徴です。

 
保険は長い期間にわたり加入するもので、将来に備える役割もあります。
国内のゼロ金利の現況を考えると、これ以上下がることも想定しにくく、金利上昇を見込んでの加入も一つの検討材料です。
加えて物価上昇・インフレ時に備える点でも、この保険のメリットがあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。