利点とは

終身保険というのは、生命保険の中でも加入者の多い保険の一つです。

 

一定の年齢で保険料の支払いは停止しますが、死亡保障が一生涯続くという利点がありますので、自分に何かあった時にまとまった金額を用意できるという貯蓄のような目的で加入している人も少なくありません。

 

死亡保障が一生涯続く以上、必ずいずれは死亡保険金を相続人が受け取ることができますし、払い続けていた保険料も、所得税の控除対象となりますので、節税効果も大きいです。

 

終身保険の中には、死亡保障だけでなく、重度の怪我や病気などの医療費についても終身保障しているものもありますので、一度加入したら最後まで保険料を払い続けるという人も少なくありません。

 

ただ、死亡したときにまとまった金額が入ってくるといっても、それまでに何年もの間、保険料を払い続けることになりますので、場合によっては毎月積立貯金をしている方が利益が大きい場合もあります。

 

けがや病気などで保険金を受け取ることがあれば、こういった保険に加入しておくメリットもありますが、生涯健康で死亡保険金だけを受け取るというケースで、支払い額と保険金、節税額がどれくらいになるかということを事前にシミュレーションしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。