加入目的を明らかにしよう

終身保険はメリットもデメリットもあるため、加入前にしっかりとその目的を明確に持って契約することが大切です。

 
終身保険の多くは死亡時に補償を受けるものとなっているため、途中で解約してしまうとそれまでの保険料が無駄になってしまいます。
そして一度解約してまた契約をすると言うことになると、契約する保険料が高くなってしまっていることも珍しくありません。

 
これは契約時の年齢を参考に健康リスクを考えて保険料を算出しているため、年齢がかさむにつれて高額な契約となってしまうこともあるのです。
このようなデメリットがあることを踏まえて考えていきたい保険となっています。

 
逆に考えれば、定額制のものであれば若い時に契約することで、その分安い保険料のまま老後の補償を受けることも可能となるので、メリットと感じることとなります。
補償内容を追加することは契約中でも可能になっているので、追加したいオプションがある時には保険会社と相談をして契約の見直しを計るのも一つの方法となります。

 
どちらにしろ目的意識をしっかりと持って契約していかなければ、無駄な保険料を払うことにもなってしまいます。
終身保険はしっかりと考えて契約することをオススメします。

コメント

コメントを受け付けておりません。