欠点とは

終身保険に加入する人は多くいますが、掛け捨てと終身で悩む人も少なくありません。

 
終身保険のメリットは年をとっても保険が適用されることです。

 
例えば60歳までに払い終えた場合、その後保険料がかかることはありません。

 
しかし、保険料を払い終わるまでの期間で割るため、若くても高い保険料を払うことになります。
これは終身保険の欠点ではないでしょうか。

 
一方、掛け捨て保険は保険金を払っている期間のみ保証され、病気等の少ない若いころは安くなります。
しかし年齢が上がるにつれて掛け金もあがり、必要な時に保険に入れない、更新ができないなどの問題があります。

 

今では65歳からの掛け捨て保険もあり、平均寿命の延びている現代のニーズに対応していますが、保険料は高いです。
終身保険を準備することで、収入が無くなる年齢のころには払い終わり、その後も保険が適用される、というメリットがあります。
若いうちは老後のことを考えることは難しいかもしれません。
その上若いころは掛け捨てより終身は高くなるため、終身保険に入る人は少ないです。

 
終身保険も長い目で見れば掛け捨てとそう変わらず、老後の安心につながります。

コメント

コメントを受け付けておりません。