変額保険を上手に運用

変額保険は運用によって保険金額げ変動するタイプの保険です。

 
運用するのは保険会社で、運用の対象は株式や債券などの主に有価証券に投資して、その利益が保険金にプラスされる仕組みになっています。
通常の定額保険では契約通りの保険金が給付され、解約返戻金も保険料の払い込み期間で算定された金額が保障されています。

 
これに対して変額型は保険金も、解約返戻金も、運用の結果次第ということになります。
市況が良い時は保険金の増額が望めますが、市況が悪い時には逆に保険金額げ減ることがあります。
ただし、この保険金額が減るケースでも、基本の保険金に最低保証が設定されている商品があるため、そうした保証付きの保険を選ぶこともリスクヘッジの一つの方法です。

 
変額型は投資と保険の二つの顔を持つ商品です。

 
現在は超がつくほどの低金利が続いていますが、景気には波があります。
長い目でみた場合は市況の変化でプラスの上積みを期待できますが、すべては投資に結果に委ねることになります。
また、この変額型にも保険期間によって一生涯の保障が設定されている終身タイプと、期間が定められている定期タイプがあります。
定額型と比べて割安な面はあるのですが、長期の契約が前提になる保険です。

コメント

コメントを受け付けておりません。