外貨建て商品

日本では低金利政策が長く続けられていた結果、金融機関で適用される金利は非常に低いものになっています。

 
少しでも利率の良い商品を探して外貨建て商品を契約して運用されている方も多いですが、外貨で契約している商品には為替リスクがつきまといますので注意が必要です。

 
為替リスクとは、日本円と外貨の為替レートが変動することによって生じるリスクです。商品契約時と払戻時の日本円と外貨の為替レートが同一であれば、高金利を享受することが出来ますし、円の価値が高く外貨の価値が安い時(円高時)に契約して、円の価値が高く外貨の価値が高い時(円安時)に払い戻しを受けることができれば、高金利の利息に加えて為替差益を享受することもできます。

 
しかし、逆に円の価値が低く外貨の価値が高い時(円安時)に契約して、円の価値が高く外貨の価値が低い時に払い戻しを受けることになれば、高金利の利息を吹き飛ばすような為替差損が発生し、元本自体も目減りするような自体も考えられます。

 
外貨建てで商品を購入する際には、外貨特有のリスクを考慮した上で購入する必要があります。
ただ、上手く活用できれば大きな利益を享受できますし、通貨のリスク分散にもなります。

コメント

コメントを受け付けておりません。