終身保険の特徴

アイランド01

 

終身保険の特徴とは、死ぬまで一生涯の保障があるというものです。終身医療保険であれば、医療費に関しての保障が続くというものです。終身死亡保険の場合は、保険に加入して保険料を収めれば、死亡したときや約款に規定されている高度障害になったときに保険金が給付されるというものです。

 
保障の特徴は終身の前後に医療や介護などその保険が何を保障しているかが保険証券に記載されていることです。保障については一生涯ですが、保険料の支払方法には何種類か選択できるのも特徴の一つです。

 
終身タイプの保険に加入するときに保険料の支払期間を選択することが出来る場合があります。若い人は60歳や65歳など現役で働いているときに一生分の保障を購入することができます。支払期間に期限があるものは死ぬまでの保険料を一部前払いという形で購入するのです。

 
終身タイプの保険に加入する際に選択できる保険料の支払方法は終身払いです。終身払いの特徴は保険料の支払いが続いている限り加入時の保障が続くという物です。終身払いは保険料が安く、支払期間に終わりがないというものですが、保険料支払い免除特約などを付加する(=保険料は高くなります)ことで、約款所定の病気や高度障害になった際に保障は死亡するまで続くというものがあります。最近の医療保険に終身タイプが多いのは一生のうちで何度も見直すことが出来、ライフステージにあった保障に乗り換えることが出来るメリットがあるからです。